FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうれん草の準備

昨日から、寒締めほうれん草の準備をやっとこさスタートしています。キュウリの作業を一通り終えた夕方に畑を移動して、2時間程度。まずはハウスのビニール掛けからです。

本日屋根も掛け終わり、明日細かい部分を固定して何とか完成しそうです。↓これはサイドのビニールを掛けた昨日の状態。
200909241751001.jpg

ビニールとはいえ、かなり大きいため、重さもかなりのものです。ビニール掛けがとっても憂鬱でしたが、効率よく終える(後日もう1棟分掛ける必要がありますが)事ができたのでまずは一安心。

スポンサーサイト

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

農協と産直

最近は涼しいを通り越してすっかり寒く(7度まで下がっていた事もあり)なり、キュウリの形がいびつになってきました。

そのためキュウリの形が大きく影響する市場出荷では、等級が低いものばかりになってしまい、ここのところの市場価格低下(関東のハウスもののキュウリが出回りだした)とあいまって箱詰めの苦労に値する売上を得られなくなってきました。

そこで10日前くらいから産直の比率を上げて出荷するようにしています。キュウリ3本詰めで100円の値を付けていますが、1日に30セット出してほぼ完売しています。また、漬け物用のキュウリ(網ネットに入れて売るからネットキュウリと言います)も3キロ380円を毎日10個程度出してこちらも1日毎にほぼ完売しています。他にも小さく曲がった物だけを集めて袋詰めした物も数個売ったりして、産直で1日7000円~8000円の売上を上げられるようになりました。

農協に委託販売した場合、最も良い規格(傷なし曲がりなしのまっすぐ)のキュウリで今1本20円程度。それに対して産直は傷あり少し曲がりありの品を出して1本33円で売れています。両者手数料は掛かりますが、どちらも同じようなものなので産直優勢となります。

ただし産直は売れる量に上限があるので、穫れるもの全ては捌ききれない。他の生産者に同じ野菜を激安で販売されると安売り合戦に巻き込まれて思うように利益がとれない。といった短所もあります。それに、傷や曲がりでも立派なキュウリとして買ってもらえるのはうれしいのですが、その反面、傷なし曲がりなしのとびっきり立派なA品を高くする事もできません。

最大の売上を上げられるよう、市場と産直、両方を臨機応変に使って行きましょう。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

明日は節目の日

明日、契約栽培の今年の出荷が最終日です。毎日の出荷コンテナ数が決まっていてそれを出荷できるかがプレッシャーでもあり張り合いでもありました。
200909141852001_convert_20090916000401.jpg 200909141933000_convert_20090916000514.jpg

契約出荷は7月10日から始まったので明日で約65日間。最後までキュウリが生き残って出し切れてホッとしています。うどんこ病→べと病→褐斑病(現在進行中)と順番にかかり、その都度葉っぱが枯れ上がり樹勢を衰えさせましたが、何とか復活してくれた私達のキュウリに感謝です。

明後日以降は市場への出荷となり、少し気が抜けそうで心配ですが、最近でもまだ1日に1万5千~2万円を稼ぐことができているので再度気合いを入れて頑張ろう!!

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

少し楽になったわけ

今日は来客あって予定より1時間ほど遅くなりましたが、19時半には帰途につきました。

なぜ早く帰れるようになったか。理由は簡単。気温が下がったために、キュウリの新しい枝が出づらくなり(キュウリの花が咲く場所が減る)が、実も大きくなりづらくなったからです。
そうすると、今まで2回だった収穫が朝1回に!!

キュウリが大変だと言われる1番の理由は、やはり朝夕2回の収穫作業にあるのでしょう。中でも夕方の収穫とその後の選別調整作業が大変です。収穫が終わってハイ終わりなら19時には帰れますが、選別をやるとなるとどうしても遅くまで掛かるのです。

実の伸びが緩やかで収穫作業が1回で済む、多収のキュウリを国家プロジェクトで開発してください。お願いします。

↓現在のキュウリの状態。そう、まだ元気なんです。
200909131352001_convert_20090913230908.jpg



テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

もうひと頑張り

最後に記事を書いたのが6月30日。キュウリの収穫が始まってから、今日までの70日間の忙しさを物語っています。

↓最盛期の生活
04:30 起床
05:00 収穫開始
09:00 収穫中断→出荷準備
10:00 出荷
10:30 収穫再開
12:00 収穫終了→選別・箱詰め
16:00 収穫開始
19:00 収穫終了
02:00 選別・箱詰め終了

寝る時間は2時間程度しかなかったし、食事もカップ麺を一度食べる程度。おかげさまで体重は50キロ代まで急降下。そして妻とは「4時間でいいからゆっくり眠りたい」と何度も同じ会話をしていました。

さすがに2人だけでの作業に限界を感じ、朝夕の収穫作業時に雇用を入れました。それから収穫作業が2時間半程度で必ず終わるようになって、残った時間を農薬散布や肥料やりにまわせるようになったのです。

その効果か、いまだにキュウリは元気(もちろんすっかり涼しくなったので収量はそれ相応に落ちてはいますが)で、出荷を欠かす事なくできています。まず家庭菜園のキュウリは枯れあがっていますし、キュウリ農家の間でも既に終了した人もいますから、今収穫できていることにキュウリ農家として来年以降もやっていく自信が少し芽生えました!

でもそんなことより休みが欲しい・・・


プロフィール

あさひ農園夫婦

Author:あさひ農園夫婦
11年勤めた広告会社を退職し、東京から岩手県へ移住して新規就農しました。いつのまにか世の中は農業ブーム。そうはいっても非農家が農家になるのはまだまだ難しい。そんな就農希望の人たちに参考になればとの思いです。
聞きたい事があったら何でもお教えします。何だったら実際お会いしてもいいし、電話でもokです。いつでもコメントお待ちしてます。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。