祝!!上水道開通

今朝、市の水道局員さんを小屋にお呼びして上水道を開栓しました。
水抜栓が小屋の中に立っているので、蛇口を付けたら完了!!と思いきや・・・。
もう慣れっこですが、いつも通り一発ではうまくいきません。蛇口を取り付ける場所に余計なパーツが付けたままになっていてそれが錆びて外れないのです。水道局員さんがパイプレンチで思い切り体重を掛けても微動だにしません。水道局員さんも「これが外れないようだったら、ここはあきらめて新しく配管して栓を立てた方がいいです。」なんて悲しいことを言い残してお帰りになりました。

こちらとしては水道工事を入れて予想外の出費をしたくありません。そういえば以前若江農園さんが「パイプレンチの大きいやつ・・・」なんて話しているのを思い出し、パイプレンチにはもっと大きいものがあるはずで、それで再トライしてみようと考えつきました。

借りて来てすぐに、パーツをはさんで「くっ」と力を入れると簡単に「くるっ」と回るではありませんか!!
SANY0837_convert_20090331234514.jpg SANY0838_convert_20090331234544.jpg
↑パイプレンチで挟んでいるのがいまいましいパーツです

あきらめない、そして道具は大きくてパワーがあるものに限る!!


スポンサーサイト

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

育苗ハウスの修繕

借りている農地内に建っている、間口3間×奥行9間の27坪の小型ハウスを育苗ハウスとして機能させようと、育苗ハウスの修繕を開始しました。

当初は扉を付けて、発注したビニールを掛ければOKと簡単に考えていましたが、ハウスをまじまじと見ると、さまざまな箇所に問題点が!!
部材が逆さまについていたり、パイプが長過ぎたりでこのままビニールを張れば、すぐに穴ができてしまうという、でたらめな作りです。
改めて必要な部材が届くまではハウス修繕は中断です。うまくいかないなあ。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

3連休

今日まで3連休をとっていました。遠い所はるばる私の母と祖母が様子を見にやって来てくれました。

来ると聞いて、すぐ思いついた旅のコンセプトは「農業を知る」。2人にも農家や農業について少しでも知って欲しいと思い、同じ立場の新規就農者→新規就農して6年経ったご夫婦→ベテラン農家の師匠、と3軒の農家さんを訪問させてもらいました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

毎日何をしているかを、言葉で伝えてもなかなか通じなかったと思いますが、「仕事の内容がわかった」と言ってもらえたので本当に良かったと思います。これで少しは安心してもらえたかな。




テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

飛んで、飛んで、飛んで・・・

羽が生えたようにお金が飛んで行きます。

1月~3月前半まで恐ろしく暇だった反省から、その空白期間を埋めてくれる促成アスパラガスを試験的(かなり播種時期などが遅れています)にやってみることに。思い立ったら吉日で、すぐに30a分のアスパラの種子(品種はウエルカム)を発注。2日後、種子がやって来ましたが、納品書を見てびっくり。8万5千円!!その他に農電マット、電子サーモなどの資材をあわせると約13万。今年は試験的にやって、来年は・・・、なんて言っている場合じゃないです。何とか元だけでもとらないと。

さらにさらに、200ボルトの電圧が必要な機械を使用するために、来週小屋に電気工事をして動力を入れてもらいます。工事費が約7万円。月の基本料金が約3000円!!農事用(例えば秋だけとか)の契約が今はないらしく、年間契約となってしまいます。

事業だから投資は必要。サラリーマン時代は良いものを提案すれば投資した以上の金額で、お得意先に買ってもらえる自信があったから、先行投資を厭いませんでしたが、今は本当に売り物が作れるのか?自信がない。だからお金が先に出る事に恐怖心が立ってしまいます。

早く一人前になりたい。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

さぶい

今日は土作り勉強会がありました。畑の土の分析結果表の見方と、実際の処方をどのようにしていけばよいかの勉強です。具体的にはphとかECといった指標の説明から始まって、肥料のやり過ぎで過剰に入りすぎた成分を減らすためにどうすればよいかといった話です。毎年あるのかと思いきや、今年が初めての試みだった模様。まあ行って良かったかな。

勉強会の前後は小屋の片付けをやっていましたが、仕事中ずっとマイナス2度くらいだったので、寒くて仕事になりませんでした。3時から業者さんと相談して資材発注を終えた後、早々に仕事を切り上げました。仕方ない、今日は効率が悪いと自分に言い聞かせて。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

1年ぶり

午前中はミツバのマルチ掛け修繕。
昨年11月にマルチを掛けた際、うまく掛けていないのが失敗の元です。畝幅とマルチの幅が合っていなかったようで、風が少し強いとすぐ剥がれてしまっています。これで丸3日くらいは畝を削ってはマルチの裾を土に埋めるという修繕作業に掛かっています。非生産的な仕事となってしまい、反省しきりです。
200903191403000_convert_20090325000112.jpg
↑これが冬越ししたミツバです。

午後はまずWBC決勝を師匠の家で観戦。そういえば、前回の決勝はニューヨークに出張中だったので、ニューヨークのスポーツバーでアメリカ人と一緒に見たっけなあ。大きな環境の変化に感慨深いものがあります。
その後、師匠の山ぶどうの木の剪定のお手伝い。一度覚えれば、おもしろくて無心でやっていました。途中雪が降り、遠野は冬の寒さに逆戻りです。

さらに夜は、普及員さんの送別会に参加。飲み屋3店もはしごして、先ほど帰宅したばかりです。外に飲みに行ったのは1年ぶりですかね。遠野での飲み屋デビューでもあります。お金を稼いで、胸張って飲みに行ける日は今年中に来るのでしょうか?

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

有機栽培勉強会

今日は花巻 文化会館の会議室で行われた、岩手コンポストさん主催の「微生物と有機栽培勉強会」に参加しました。

農水省によると、有機野菜とは「種まきまたは植え付けの時点からさかのぼり2年以上、農薬や化学肥料を原則として使用していない畑で作った野菜」と定義されます。かなり厳しいですね。自分が最初から完全有機栽培をやったら、収量が見込めず売上がいかないだろうな。

1年目は基本的には慣行栽培(化学肥料&農薬使用。減農薬は心掛けます。)を行って、徐々に切り替えられたらいいなとぼんやり考えています。

今年は先輩を倣って米ぬか+EM資材(EMとはEffective Microorganismsの略で有用微生物群のこと)で、ぼかし肥料くらいは作ってみます。そうです。勉強会で影響されました。だって、おから+EMを入れた2日後に土に菌糸が張っている写真見せられたら、誰だってこんな畑にしてやりたいと思いますよ、ホント。

農大同期の皆さん、岩手コンポストさんの有機系の資材は結構安くて、オススメです。HPもあるので興味があったら見てください。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

キュウリの接ぎ木

今日は3月9日に播種したキュウリの接ぎ木をやりました。

芽が出るまでは地温25度、芽が出てからは20度に設定して管理していたキュウリとカボチャの苗をくっつけてひとつにする作業です。
SANY0780_convert_20090320221820.jpg
↑手前の大きい苗がカボチャで、小さいのがキュウリの苗です

カボチャの苗を子葉2枚の内の片側1枚とこれから出る本葉の芽を安全カミソリで切り落とします。それを師匠作の秘密兵器に載せます。
SANY0787_convert_20090320222107.jpg

上に向けたカボチャの切り口に、子葉の1センチ下の茎を斜めに切ったキュウリの苗を、上から切り口を合わせて載っけます。接合部分をクリップで合わせれば、接ぎ木苗の完成です。
SANY0794_convert_20090320221951.jpg

キュウリにとっては大手術後ですから、湿度100%、地温28度の環境で4日間遮光状態で養生してあげます。

農業大学校で1度やっていたこともあって、数本やれば勘が戻りました。以前よりめちゃくちゃ早くなった上に精度もずっと上がったと思います。100本近くやりましたが、失敗はないはずです。秘訣は何と言っても、師匠オリジナル接ぎ木台。それとカボチャの苗を大きめにしておくことかな。とはいえ、師匠よりも倍以上時間は掛かりますが…自分用の接ぎ木は5月の連休明けに1500本やる予定です。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

ほうれん草指導会

今度はほうれん草の指導会。
夏場のほうれん草の安定生産のため、土壌消毒を導入してはどうかというお話。
土壌消毒をした後の結果収量を元にした報告でしたが、個人的にはデメリット(コスト面、労力)が多い上、効果の持続性の観点(消毒後の1作目は良いが、2作目から効果がほとんどなくなる)から魅力を感じませんでした。それより、萎凋病の出やすい夏場は黙ってほうれん草を休む!!の姿勢で行こうと思います。

ただ土壌消毒の方法は興味深く、消毒液を灌注するのではなく、クロピク錠剤という10円玉大の錠剤をハウス内の土の上にある程度ばらまいて、その上からハウスの床の全面を覆うビニールを掛けて放置するやり方でした。30分以内で1ハウスの土壌消毒作業が終わるでしょう。ただし消毒期間はハウスを閉め切って2週間必要。

午後はミツバの剥がれたマルチの修復作業2日目。全て掛け直し終わりましたが、冬越しに失敗した苗が多いこと!!原因はネズミの食害&活着前の凍み上がり。来年はもう少し早く定植せねばならないなと。勉強になりました。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

バイタリティーとは

午前中は冬越しさせた採種ミツバの苗の点検。かなりの数のマルチがはがれていたので、マルチのすそを引っ張って土をかぶせ直しました。全て終えようと思いましたが、雨が強くなり半分を残し終了。

お昼前に就農仲間のシューさん(以前の記事ではAさんと記したっけ)がはるばる雫石から訪ねに来てくれました。私達の露地の農地と少し離れたパイプハウスの農地をご案内した後、「あんべ」にて遠野名物ジンギスカン。新規就農のつらさをしみじみと語り合いました。本気とも冗談ともとれるシューさん節で元気をもらいました。

ゆったりランチの後シューさんと別れ、牛舎の修復作業(の見学)。
今朝、構造上大事な柱が基礎から20センチぐらいずれて、斜めになっているのを発見(強風が原因か?)。すわ崩壊か!!と恐怖を感じ、何とかせねばと元大工の叔父に電話をしました。角材と木槌、電動丸ノコ、ドリル、アンカーとやらを用意して駆けつけてくれ、30分くらいで応急処置をしてくれました。ありがとうございました。
SANY0773_convert_20090317231402.jpg
↑アンカーで柱とコンクリの地面を固定したところ

それにしても百姓はいろいろなことを自分でできないとあきまへんなあ。電動ドライバーも電動丸ノコも使った事ありませんでした。
いい学校行って、いい会社に就職して・・・。それと、生きる力は完全に別物だと言い切れます。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

採種ミツバ指導会

本日採種ミツバ指導会。

まずやることは、冬越しさせた苗の点検。ネズミの食害などがあるそうです。
8月末~9月中旬頃に種の収穫ですが、それまでに除草、アブラムシ/カメムシ防除、菌核病/ベト病防除、摘芯、支柱立て、追肥などの作業があり、採種とはいえ野菜栽培とかわりないようです。

指導会で聞いた、なるほどなの話。

「虫と病気は反対だと考えろ」

「虫は圃場の外側から発生する」
「病気は圃場の中心側から発生する」

「天気が良いと虫が増える」
「天気が悪いと病気が増える」

当たり前ですが、なるほどな。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

大発見

先日盛岡のデパートで、エスカレーターに乗っていた時にあることを発見してしまいました。

盛岡(岩手県全域?)ではエスカレーターに乗る際、極端にどちらかに寄る必要はない!

東京では、大阪では、といったようにどちらかに寄って、急ぐ人に道を空けるのが暗黙のルールだと思っていましたが、ここでは急ぐ人がいないのでしょうか。堂々と真ん中に突っ立ってOKです。不思議な感覚です。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

新規就農はつらいよ

盛岡の若江農園さんを陣中見舞い(邪魔したとも言います)しました。

4連棟を含むハウスが20アール以上あって、うらやましいかぎりです。しかし、そこは我々新規就農者に回って来た農地。良い事づくしではありません。前の土地所有者の所有物が散乱していて、土をいじるのはそれらを片付けてからになるでしょう。

同じようなスタート時の環境に若江農園さんとお互い笑ってしまいました。そういえば新規就農者仲間のシューさんも同じような境遇からのスタートでした。

新規就農者に与えられたこの試練。何とか乗り越えて行きましょう。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

わかさぎ釣り

今日は予定通り、岩洞湖でわかさぎ釣り。
昨夜は10時半頃ふとんに入りましたが、遠足前日の小学生のように一睡もできませんでした。そのためこれを書きながら睡魔と戦っています。
SANY0739_convert_20090310221439.jpg


朝6時頃から開始、14時半終了で、私の釣果は5匹

微妙~

わかさぎ釣りは2年前に1度経験があり、その時はボウズでした。しかも4人で行って釣れたのは妻の1匹という苦い経験です。それに比べれりゃいいですが・・・。

帰宅後、釣ったわかさぎは天ぷらに。さすが新鮮で美味。たくさん並んでいるのは師匠が釣った分をわけてくれたからです。
SANY0741_convert_20090310221515.jpg

今日はおもいきり遊んでしまったなあ。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

春到来

今日は今年一番の暖かさで、春が近いことを感じます。道路の雪はほとんど融け、畑の雪もうっすらと土が見えて来ました。春の到来をこんなに待ち望んだことは今までなかったなあ。

そんな中、師匠のハウスキュウリの播種畝立てのお手伝い兼勉強に行きました。4月末頃に自分達も同じ事をやるので去年以上に身が入ります。

まず苗箱に湿らせた炭を敷きます。そこにアルミ格子で型押しして目印を付けて、その交点に種をまきます。スイカの種と同じような形をしているので、丸みを帯びた方を下にして炭につっこみます。その上から培養土をかぶせて、表面を覆います。全て培養土を使用するより炭の方がコストダウンできるようです。しかも炭は無菌なので、苗に病気が入る事もありません。
SANY0705_convert_20090309213315.jpg

キュウリカボチャと同数の種をまきます。カボチャをまくのは、この後、苗の状態で接ぎ木をするからです。接ぎ木とはキュウリの苗とカボチャの苗をそれぞれカミソリで切って、上がキュウリ、下(根の部分)がカボチャの合体苗を作ることです。これをすることでキュウリが病気に強くなり、さらにキュウリの実からブルームと呼ばれる白い粉がふかなくなります。昔はキュウリに粉ふいていたけど、ここ10年は見ないでしょ。

後は温熱マットの上にキュウリの苗箱を置き、トンネルを掛ければ終了。カボチャは成長が早いので成育をキュウリと揃えるために、丸一日遅らせてからトンネル内に入れるそうです。
SANY0713_convert_20090309213358.jpg


さらにハウス内に肥料をまき、管理機で畝立て&マルチ掛け&灌水チューブ敷き(師匠の改造)を行いました。
SANY0735_convert_20090309213510.jpg

久々に20キロ肥料袋を運んだりで、今年一番の大仕事でした。

明日は師匠を含むキュウリの先輩2人と私の3人でワカサギ釣りです。朝4時に待ち合わせなので、仕事以上にハードです(笑)

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

また総会

地域全体の野菜生産部会の総会がありました。

昨年の販売総売上表彰だとか、出荷率増大者表彰(これは額じゃなくて率で算出しているようですね)とか、さまざまな農家に対する表彰がありました。先輩農家さんの顔と名前を一致させるには絶好の機会でした。

けど、その後のご来賓の方々からの祝辞は、・・・長かった・・・・・・。10人以上、60分くらい掛かったような気がします。

懇親会後、先輩農家さんの作業場を見学させてもらい、たくさん野菜をいただいてしまいました。ありがとうございます。

それと1000リットルのタンクを指して「使わないからもってけぇ。贈呈してやる。」と言ってもらい、後日もらえることになりました。先日、別でもらったのでこれで2つ目です。パイプを組んで灌水用の池を作ろうと思っていたのですが、1000リットルのタンクが2つ揃ったので、タンクのドレン口をパイプで連結させて2000リットルの貯水池のできあがり。

助成金のご利用は計画的に!!

今日の作業は相変わらず、牛舎内の休憩所の大掃除です。ホコリをかぶった棚やボロボロのソファー等を部屋から全て搬出し終わりました。

掃除の話はこれ以上広がらないので、今日はこれから農業研修を受けようと考えている方の参考になればと思い、就農するまでの助成金の話をしたいと思います。

ここ岩手県では自立営農を開始するまで(つまり研修期間中)、家賃半額補助と農業大学校の新規就農者研修の学費の半分(つまり5万円)の補助があります。他にも研修指導農家へ研修生1人当り5万円/月の指導経費が助成され、それを農家さんと研修生で折半するケースもあるようです。

ただし、当たり前ですが、申請しないともらえません。申請時期も大切です。予算枠があるので早い者勝ちなんです。
お役所の年度が4月始まりの3月終わり。これ一番大事。
4月から予算を使い始めるのですが、それ以前の1月~3月に予算の使い道がほぼ決まってたりするんです。私の場合は4月に岩手に移住して、それから詳細を詰めて助成金の問い合わせをしたのですが、時すでに遅し。農大の学費も家賃半額補助も全て予算が残ってないってさ。

一番腹立つのが、農大の学費の半額助成。新規就農者研修の定員15名なんだから、15名×5万円の75万円を予算立てしておけば良いのに、数名分しか予算を用意していない。そうすると、助成金の申請順の早い人だけが5万円もらえるのだ。おかしいよ!!同じ事やっているのにもらえる人ともらえない人が出てくるのは!!

教訓:お役所の年度を把握して、来年度の予算枠が成立したらすぐ声をあげること!!

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

きぬさや

昨日、キュウリの部会に行って来ました。
今年から生産するキュウリは東京のある会社との相対取引でやらせてもらいます。ちなみに相対取引とは、市場を介さずに売買当事者間で売買方法、取引価格、取引量を決定して売買する取引のことです。先輩方が質の良いキュウリを生産し続けて勝ち取った産地としての契約です。

会議も終わり家路に着こうかと思ったその時、「(あさひ農園夫)くんはキュウリの他に何を作るの?」とその会社の会長さんから声を掛けられました。「きぬさや5アールです」と自信なさげに答えた私に向かって、会長さんは「よし、それ契約!!」。なにぃ~?自信ないからホソボソと実験的に作ろうと思っていたのに・・・。でもそんな話を持ちかけてくれた会長には本当に感謝です。

とにかくきぬさやを本気で作る事になりました。本日すぐに種子を発注。どうなることやら。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

いい日旅立ち

SANY0675_convert_20090301211011.jpg
2/27に農業大学校「新規就農者研修」の修了式を無事迎え、農業の全研修日程が終了しました。
急に広い海の荒波の中にひとりぼっちで放りだされたように感じます。この10ヶ月間、それだけ研修同期の存在が大きかったのでしょう。

農業でお金稼ぐぞ!!本日3月1日になり、さらに心が引き締まる思いです。

同期の皆様、秋の同期会に笑顔でお会いしましょう!!

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

あさひ農園夫婦

Author:あさひ農園夫婦
11年勤めた広告会社を退職し、東京から岩手県へ移住して新規就農しました。いつのまにか世の中は農業ブーム。そうはいっても非農家が農家になるのはまだまだ難しい。そんな就農希望の人たちに参考になればとの思いです。
聞きたい事があったら何でもお教えします。何だったら実際お会いしてもいいし、電話でもokです。いつでもコメントお待ちしてます。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード