FC2ブログ

第9回新規就農者研修を終えて

昨夕、金ヶ崎にある農業大学校から帰宅しました。
今回の研修では「農業機械」に関する講義が興味深かったです。

トラクターのメンテナンスや、なぜ刈払機(主に雑草を刈ります)には混合油(ガソリンとエンジンオイルを給油前に自分で混ぜ合わせます)を入れなければならないのかなど、今まで曖昧にしていたことがやっとわかって本当にスッキリしました。
SANY0601_convert_20090201000237.jpg
↑内部が見えるようにカットした、少し古いトラクター。自分のトラクターには絶対できません。

機械は大事な商売道具でありコスト削減のためにも、自分で修理やメンテナンスできるよう精進します。
スポンサーサイト

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

農地借用の契約完了!!

今日も大きな進展がありました。

昨年10月に既に口約束でお借りし、土作りをさせてもらっていた農地2.2ha=6,600坪を農業委員会の認可で、正式に借用する契約を結ぶことができました。
当初は1ha強をお借りするつもりでしたが、貸主さんから「他の畑(現在は草地)もまとめて借りてもらえるとこちらも助かる」というお話をもらったので検討の上、全てお借りする事となりました。

他所の土地からやってきて、まとまった農地を借りることができて本当にラッキーだったと思います。貸主さん、ありがとうございます

ただ、一部が耕作放棄地だったため、畑に戻すのに大変苦労しました。これについては、農地を借りる難しさや農地法への愚痴なんかと一緒に別の記事を書き起こそうと思います。

明日からは農業大学校の新規就農者研修です。今回を含めてあと2回しかないので、一生懸命勉強してきます!!

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

開業申請!!

今日は税務署に個人事業の開業等届出書所得税の青色申告承認申請書を提出して来ました。

1つは文字通り「個人事業を開始しました」という申請で、もう1つは「これからの所得税の申告は青色申告で行いますよ」という申請です。

税関係の書類は難解なイメージですが、これら2つの書類の提出は税務署に到着してから用紙を受け取って、10分もかからずに終わりました。

税務署への提出をもってというわけではないですが、正式に平成21年1月1日をもって開業となりました。というか、既に開業していました。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

簿記漬け

最近は、自宅で今年の作付け計画をしたりと、
のんびりコタツでゴロゴロできない毎日が続いています。

数日前は、青色申告をするので簿記の勉強をしました。
講師は、夫絵文字名を入力してください。大学で会計学を専攻していたらしい。
私は簿記は未経験。
高校時代の友人が商業科で、「簿記嫌い」と言っていたイメージが強く、
やったこともないのに苦手という感じでした。

夫に「簿記知っているんだから、私はやらなくてもいいでしょ!」
なんて意見は全く通用せず、2日間、簿記漬になるハメに。

夫が毎月通っている、農業大学校で配られた、簿記のテキストを見ながらの講習で、
一人では全く理解できないのですが、夫の補足があると「フムフム」と頭に入ってくるような感じです。
さすが「経営学部卒うわぁ・・・
120枚のパワーポイントのテキストも終わり、簿記漬から開放だと思ったら、
私の目の前にノートとペンがjumee☆whyR
夫「JAから農薬を5万円買いました。普通預金で払いました。」
ご丁寧に仕分け伝票のテストまで行われ、開放されたのでした。がっくり

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

UMA

庭に出てこんなもの↓見つけました。
SANY0599_convert_20090124225048.jpg

ですかぁ

近くに寄って見ると、爪と肉球もくっきり。
SANY0598_convert_20090124225009.jpg
ゴールデンレトリバーよりも大きいと思われます。

何かが徘徊しています。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

車社会

田舎は聞きしに勝る、車社会だと実感しています。
玄関出たら、即くるま。ゴミを出しにいくのも車です。

何かの会合に出席するときも必ず車で向かいます。「駐車場は?」なんて野暮な質問です。駐車できないところに集合なんてありません。
こちらでは、最寄り駅はどこ?とか、駅から○分?とか、そんな概念はほとんどありません。だから公の施設も駅から徒歩圏内にないことだって普通です。仕事をしている人も含めて電車なんてほとんど乗りません。電車の利用は10年間に1度とかですかね、もしかしたら・・・。

SANY0163_convert_20090123144514.jpg

08年5月に盛岡で購入した、↑ホンダのバモス(軽自動車)は9ヶ月間で既に13,000キロ以上走行です!!地球にやさしくできません


テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

駅徒歩20分の熊が出る家

SANY0594_convert_20090122202344.jpg

写真↑の借家に住んでいます。
駅から徒歩20分程度の、山林に囲まれたまさに閑静!?な住宅街です。
全室畳の4Kで月37,000円。駐車場代は必要ありません。

ご覧のとおり昨年12月23日の積雪で、根雪(ねゆき:雪が融けずに常に残った状態)となりました。翌春に植える畑の準備は根雪前に終える必要があるので、こういった日付の感覚を身に付けていく事が大事です。

雪が降ると、まだ眠くそして寒い中、敷地内だけでなく敷地に面した公道10メートルも雪かきをします。腰にピリピリと違和感を感じなからも、短時間でこんなにきれいにできる自分はまだまだ若い、と悦に入ります。さらには公道の雪の轍をきれいさっぱり消滅させた満足感が、「お年寄りが多い場所だから、俺たち若者が雪かき頑張らないとね」なんてちょっぴり饒舌にさせます。

しばらくして、自宅前の道路を何か作業しながら通過する大きな地響き。
地響きの正体は、道路の雪を軽々端へと追いやり、血の滲むような努力を一瞬で無にして走り去る、市の除雪車でした(涙)。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

ブログデビュー

はじめまして、���zあさひ農園妻です。
本日、ブログデビューBrilliantです。
夫に、数日前から「ブログを書け」と言われ続け、やっと本日、デビューに至りました。

早速、昨日の出来事から。
用事で大迫町に行った帰り、久しぶりに外食しました。
入ったお店は「そば処 ふじかめ
夫は、Aランチ「もりそば+牛丼」¥680
私は、Bランチ「かけそば+天丼」¥680
200901201230000_convert_20090121223403.jpg値段の安さにびっくりですが、そばはモチモチした歯ごたえで、とても美味しかったです。
食後にサービスコーヒーも付きました。
お店の人の対応が良く、とても満足できたランチだったので、遠方から我が家に遊びに来た方にはぜひ、お連れしたい一軒です�j�R��
今年は、まだ未収入の夫婦ですが、早く野菜で収入をあげて、
時々は外食を楽しめる余裕(気持ち&お金)を持ちたいです。

学校での農業研修について考える

今日はこれまでやってきた学校関係の研修についてまとめます。

まず、東京にいる時に就農準備校で「農業経営」を修了しました。
(これについてはこのブログの08年3月にもう少し詳しく書いてあるのでご参照ください)

その後、就農場所である岩手に移住し、岩手県立農業大学校新規就農者研修入門塾という2講座を受講しました。
入門塾は週一回で20回以上あったと思いますが、受講料は1万円。オンザジョブで約20種類の野菜栽培の基本が学べます。ただし収穫後の出荷調整作業を教えてもらえないのが残念です。野菜によっては作業時間が栽培以上に、一番取られるのが調整作業だったりするからです。

新規就農者研修は毎月1回の平日2泊3日研修を10ヶ月に渡って行います。接木
県内各所から集まって来た15名の同じ目標を持った仲間と約1年を過ごすことで、自分のモチベーションを維持し続ける事ができました(研修の初日の夜は、毎回1ヶ月間に地元で行った研修や様々な進捗状況をお酒を飲みながら話し合うのです)。また、県内の先進農家さんの圃場見学も数多く組まれています。百聞は一見にしかずで、大変勉強になると思います。研修最終回には自分の営農計画を発表しますので、最初は何を作るかについてノーアイデアであっても、修了までにはイヤでも何となく形になるはずです。この研修は10万円です。

各都道府県には概ね農業大学校があるはずです。あくまで学校なので、本当の意味でのプロの技や農家収入に関する情報提供はあまりありませんので、物足りない部分もありますが、研修費用が安く、県内のたくさんの同士と知り合えるいうことが最大の魅力です。
さらに研修中は会社員でもないし(当然ですが・・・)、まだ農家とも言えないしで、自分の所在がなくなる(つまり無職!)ので、「農大に通ってます」が社会的な免罪符となること請け合いです(涙)。それは冗談としても、「認定就農者」をとりたい方は、審判の際、農家になりたい本気度が伝わりますので、「新規就農者研修」の類いを受講する事をお勧めします。

ただし、学校での研修だけでは絶対に経験が不足です!!
並行して農家研修か農業法人での研修を積みましょう!!

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

新規就農の先輩宅を訪問しました

春までは何も農作物を作る計画になっていない(次の冬は何か作るぞ)ので、完全なる農閑をあいかわらず継続中です。そのためあまり日記ネタはないのですが、今日は寒い中、精力的に活動しました。

遠野の自宅から40分くらいで行ける、東和というところに住んでいるKさん夫婦のお宅にお邪魔をしました。Kさん夫婦は私たちより2歳ほど若いにも関わらず、新規就農して既に7年も経過している大先輩です。しかも私たち同様、関東からの移住組ということでも親近感を感じています。

実は今回で2度目の訪問です。前回の訪問時に息子のボールを忘れてきてしまったため再訪した次第です。
同世代の同業者とお話しできる機会はなかなかないので、話が尽きず、とても楽しく過ごさせてもらいました。帰りにはKさん夫婦が生産したミニトマトを加工して作ったミニトマトジュースまでいただいてしまいました。ありがとうございます。

農業で食っていくぞという、やる気や勇気も改めてもらったので、またがんばろうと思います。

就農場所を考える

遠野盆地

就農を決めたら、まずやるべきは就農場所の検討になると思います。
就農場所はこれから作っていきたい野菜や果樹の作目と大きく関連性がありますので、慎重に検討した方が良いと思います。

その土地の気候が作りたい作目に適しているか、ブランド力のある産地か、自分がやりたい農業ができる環境なのか・・・など、ですね。

そんなことを偉そうに言っている自分たちは、妻の実家が岩手県遠野市にあり、兼業農業を営んでいる事と、自然のたくさん残った風景が好きでここに決めました。
もし、もう一度検討できるなら、大量消費地にもう少し近いこと専業農家率が高いこと、雪があまり降らないことを条件に入れて総合的に考えるかもしれませんね。

住んでみて実感しましたが、東北圏内の消費力は関東と比べ物にならないくらい小さいです。遠野産の野菜が目指すべきはやはり東京です。その際立ちはだかるのは、送料という壁です。商品代金にプラスされる送料700円をどう思いますか?

さらに専業農家率が低いとどうなるか。
新規就農者のほとんどが前職を辞するという大きな決断の末、農業で稼ぐんだという大志を抱いて、その土地に乗り込むと思いますが、その心が簡単に折られます
兼業農家が大勢を占める土地では、農業だけで食べて行けるとは考えていません。他所から来た人が農業で食べていきたいなどとのたまおうものならまずやってみればいいんだぁ」とか「趣味でやるには最高なんだ、農業は」などと軽くあしらわれるのは序の口で「絶対に食べていけない」と言い切られることさえあまたあります(涙)。
やはり意識の高い人たちに囲まれた方が幸せだと思います。

でも、結局我々は「住めば都」で、遠野にして良かったと思います。上記のこうだったらなぁと思う点は、自分たちでこれから解決策を探していく醍醐味がありますから!!

最後に。
場所の選定ができるのは、非農家出身の新規就農者の特権です!!

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

2008年の総括

ブログを書くのは8ヶ月ぶりです。
農業から逃げ出していたわけではありません。

その間、農業研修をひたすらやっていました。
キュウリ、米、ピーマン、採種ゴボウ、原木しいたけ、等々。
10月には農地も借りる事ができました。
11月には研修実績と09年以降の事業計画を県に提出し、おかげさまで「認定就農者」にもなれました。

収入は無いけど、やることはやった1年でした。




テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

あさひ農園夫婦

Author:あさひ農園夫婦
11年勤めた広告会社を退職し、東京から岩手県へ移住して新規就農しました。いつのまにか世の中は農業ブーム。そうはいっても非農家が農家になるのはまだまだ難しい。そんな就農希望の人たちに参考になればとの思いです。
聞きたい事があったら何でもお教えします。何だったら実際お会いしてもいいし、電話でもokです。いつでもコメントお待ちしてます。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード