脱サラ就農 花粉症対策

花粉症対策グッズ


今思えば、小学生の頃から花粉症です。当時はこの症状が何なのかわかりませんでした。言語が概念を作り出すというのは本当ですね。○○症なんて名前が付くと、鼻や目がぐずぐずして仕事も進まない、なんて言い訳もしちゃいますよね。

今年の個人的ピークは3/17~19頃でした。無対策でしたが、我慢できず、写真の「ジクターAG目薬」「ザジテン鼻炎スプレー」を購入しました。目と鼻のかゆみがたちどころに収まって一安心です。どちらもこれまでは病院で処方されていた成分が入っており、効き目が確かという薬局のススメで購入しました。確かに昨年まで使用していたものよりも効果大のような気がします。

ところで東京と岩手のどちらが私の花粉症はひどくなるのでしょう?
スポンサーサイト

脱サラ就農 花見2008

2日前の3/27(木)ですが、家の近くの「呑川緑道」を日体大の付近から国道246につきあたるまでぶらっと家族3人で歩きました。これまで花見というと目黒川へ行ったりしていたのですが、こんな近場にきれいな所があるなんてまさに灯台下暗しです。
SANY0067_convert_20090122000637.jpg

それにしても平日の昼間の花見もいいですね。

脱サラ就農 実質最終出社

昨日の出社が実質の最終出社日となりました。もっと多くの人のお席を回ってご挨拶したかったのですが時間が足りず、多くの人にメールだけのご挨拶しかできませんでした。残念です。

お世話になった方々に退職のご挨拶メールをお送りしたわけですが、宛名に入れるか迷った方もいました。仕事をしたのがもう何年も前で、私には思い入れがあった仕事だったり人物だったりするわけですが、向こうは私の名前すら覚えていないのでないかなどと考えてしまったのです。でも心配無用でした。そういう人からたくさん励ましの言葉や過去の仕事の思い出を綴ったメールやお電話をいただいたのです。正直驚きましたし、うれしかったです。

今はまだ感傷にひたっています。



脱サラ就農 一期一会の精神を忘れずに

ここ数日、送別会をグループ違いで何度も開催していただいています。胃腸と肝臓が疲労気味ですが、本当にうれしい悲鳴です。
改めて11年間に渡る会社生活を振り返ると、先輩・上司や同僚・後輩のご指導・ご支援・ご厚情無しにはなにひとつ成し得なかったなかったのだと、今改めて感じています。
これまでお世話になった皆様、本当にありがとうございました!

ところで、昨日連れて行っていただいたお店が素敵だったのでご紹介します。西麻布の交差点からほど近い「さとう、」です。「、」は私の打ち間違いではなく実際に屋号に付いています。これが店を後にしても続く余韻や、料理の進化を想像させ、何ともいい感じです。
女将さん(とは言えお若いですが)自らが作る料理は、素朴ながら本当に素材の味がうまく出ていて美味しいです。聞けば、数々の料理番組や料理本で独学されたとのこと。女将さんの努力に敬服すると共に、これからの人生に対する勇気ももらいました。

脱サラ就農 引越準備その2

引越業者さんをアリさんに決めましたのは先日書いた通りです。私にはもうひとつ、250ccのビッグスクーターという大きな荷物が残っています。
アリさんにバイクの陸送もお願いすると、
53,000円(消費税別途)
自分で専門業者を見つけて見積もりをとると
27,300円(消費税込み)
手間を惜しまないことが大事ですね。
ちなみに見積もりは東京都世田谷区の自宅にバイクを引き取りに来てもらい、岩手県の引越先まで持って行ってもらう条件で、高栄運輸株式会社さんで取ったものです。最安値かどうかはわかりませんが、私が見積もった中ではベストでした。電話応対も良く、信頼して良いかなと。
陸送完了後、気づいた点があったらまたレポートします。

脱サラ就農 たこ焼き研修

東京を離れて就農する時が刻一刻と近づいてきました。
よく言われる台詞ですが、期待と不安でいっぱいです。不安の最大の要因は決まったお金がサラリーマン時代のように入ってこなくなることです。

そんな不安を解消すべく日銭を稼ごうと、「たこ焼き」の研修のため、大阪の若竹学園というところに行ってきました。2日間(10:30~18:30頃)で6万5千円です。
勉強になったことは次の2点です。
1)たこ焼きを焼く板(鉄板or銅板)の管理が
 たこ焼きが板の上でくるっと回るか、回らないかのすべてがここにあります。
2)生地の配合はプロに任せた方が良い!
 薄力粉○グラムにベーキングパウダー○グラムをブレンドして・・・。←これは自分でやらずできあいのミックス粉を仕入れた方が良い。飲食店たるもの、毎回同じ味を提供しなければいけない!!
3)表面を固く、カリカリに仕上げる!
 店員さんが焼けたたこ焼きを必要以上にくるくる返しているように見えたのはこのせいですね。

焼く技術は数時間で身に付くのではないでしょうか。板のコンディションだけ整えてあげれば、実はそれほど難しくありません。

ただし、仕込み方法や焼く技術を手に入れてもまだ開店できません。ターゲットを考えた商品構成、屋号、包装材の決定、諸々のデザインなどが必要です。私は屋台で出そうと考えていますが、屋台の設置許可(場所は検討済みですが未交渉)が今後の最大のハードルです。これからの本業の農業で接点を作って、場所を管理している人の信用を得ようと思います。

副業でさえ道が険しい現状ですが、打破すべく頑張ります!


脱サラ就農 引越し準備開始!

業者さん選び、大失敗です。
業者さん選定そのものに失敗したわけではなく、最重要と言っても過言ではない料金の交渉でへたこいたわけです(涙)敗因は見積もりの順番の設定ミスです。
事前の情報収集によって「アリさん」に決めていました。(理由は信頼できる2人からアリさんが最安値だと聞いていたからです。)だからこそ本来はアリさんの見積もりの順番をもっと後ろにもってきて、「他がこんだけと言ってます。だから○○円にできませんか?」と強気に攻めるべきだったのです・・・。
しかし私には具体的に交渉する情報武装が不足していました。完全に営業さんのペースでした。完敗です。それでも他が40数万という中、東京から岩手までで20万円弱だったのでほどほどに満足しています。

皆さんが失敗しないためにアドバイスを。
1)最初に、ネットや知人から安い引越業者を絞り込み、1~2社の本命を決めておく
2)5社くらいは見積もりをとって比較
3)本命に近いほど後ろに順番を持って行く
4)始めの数社との見積もりは本命との交渉材料の収集と割り切って、絶対にそこでは決定しない!!
5)各社営業さんは結構強引なので、断り方を決めておく。会社に一度、料金を伝えてokをもらわないと自分では決められないなど。

脱サラ就農 就農準備校へ行きました

思い切って農業を仕事とすることを決心したわけですが、実際は経験がないためどこまでできるかが自分でもわかりません。
少しでも知識を吸収したい一心で就農準備校に通ってみました。1/16~2/16の火・金、1回あたり2時間半の講義を18:30スタートで受講しました。
農業の学校というと、畑での実習と思われがちですが、完全座学。内容は「農業経営」です。講義の評価ははっきりいってあまり良くはありません。講師の方々が本物の農家でないため、どうしても第三者の目線で、生徒である我々や農業のことを見ているような気がします。もっと現場のナマの声が聞きたかったな。

それでも講義の時間から言えば、授業料2万円は決して高くはありません。一番の収穫は、同じ目標を持った仲間と知り合えることです。人から受ける刺激はやっぱり大切ですね。

東京で農業を目指す方はまずは通ってみて損はないと思いますよ。でも会社を辞める前提がなかったら、毎回18:30に代々木公園に着いていることは難しかったとは思います・・・
プロフィール

あさひ農園夫婦

Author:あさひ農園夫婦
11年勤めた広告会社を退職し、東京から岩手県へ移住して新規就農しました。いつのまにか世の中は農業ブーム。そうはいっても非農家が農家になるのはまだまだ難しい。そんな就農希望の人たちに参考になればとの思いです。
聞きたい事があったら何でもお教えします。何だったら実際お会いしてもいいし、電話でもokです。いつでもコメントお待ちしてます。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード